ShizenkanDifference

変革と創造に挑む
全人格経営リーダーを
輩出する

Shizenkan Differnece

至善館の経営修士プログラムでは、変革と創造を牽引できる経営プロフェッショナルとしてのスキルを持ちながら、人間性と社会性を兼ね備えた全人格リーダーへの成長を支援すべく、ヒューマニティの尊重を基軸に、独自の教育哲学とアプローチによって設計されています。

1変革と創造を牽引できる
経営プロフェッショナルとしての
三つの力の開発

至善館プログラムは、これからの経営プロフェッショナルに必要な三つの思考力の開発を狙って設計されています。土台となるのは、物事を分析し検証するうえで不可欠な力であり、時代や文化を超えて経営プロフェッショナルに求められる「定量的分析手法、論理的・戦略的思考」です。次に、人や社会の潜在ニーズ・ウォンツを起点にしながら、事業や地域社会のあるべき姿を描き出していく「構想する力」。更には、指数関数的で破壊的な科学技術イノベーションと向き合い、目の前の現実を飛び越えて創造的に未来を創造する「非連続な思考」を取り入れます。

2機能別スペシャリストや
中間管理者ではない、
経営者・起業家人材としての視点の開発

至善館のプログラムでは、アカウンティング、ファイナンス、マーケティング、戦略といった、企業活動の諸機能を絶えず経営者あるいは起業家の視点で洞察すると同時に、経営の全体像を俯瞰的に捉える経営政策(Business Policy)を教育の中核に捉え直し、起業家精神(Entrepreneurship)をもう一つの柱において、包括的で統合されたカリキュラムを提供します。機能領域のスペシャリスト育成を目指す大学院とは明確に一線を画し、至善館は、経営者・起業家人材の育成に特化しています。 Policy)を教育の中核に捉え直し、起業家精神(Entrepreneurship)をもう一つの柱において、包括的で統合されたカリキュラムを提供します。機能領域のスペシャリスト育成を目指す大学院とは明確に一線を画し、至善館は、経営者・起業家人材の育成に特化しています。

3リベラルアーツ教育による、
リーダーとしての基軸の確立と
未来を洞察する視座の獲得

ビジネスに関する知識やスキルは、「どうやって」何かを成し遂げるかのための「手段」に過ぎず、「何のために、誰のために、何故」それを成し遂げるのかという「目的」を問うものではありません。この目的を問うため、歴史、宗教、哲学、社会学、科学、芸術などのリベラルアーツを大胆にカリキュラムに組み込み、歴史観・世界観・人間観・社会観を問い直し、リーダーに求められる判断・行動・選択の基軸となる価値観の確立を手助けします。また同時に、社会や経済のあり方が大きな転換を迎えている今日において、過去から現在、そして未来へと続く時代の潮流と、グローバリゼーションとイノベーションのなかでの世界や社会、そして人間存在の変容を読み解く深い洞察力を養います。

4社会、他者と向き合い、
自身を振り返るなかでの
全人格リーダーシップの涵養

リーダーシップの原点は、内省を通じた自身の「生きる」目的・意義の確認にあります。自分自身との対峙を通じて、自分自身が大切にしているもの、自分自身の「心の声」を確認するために、コーチング、アセスメント、心理学を基礎とするワークショップ、経験学習等を通じて全人格リーダーシップを涵養します。

5世界の教育機関や
リーダーと連携しての、
グローバル教育の実践

至善館は、新興国インド・デリーに本拠を置くSOIL(School of Inspired Leadership)、スペイン・バルセロナのIESEビジネススクール、ブラジル・サンパウロにある世界第7位のシンクタンク・FGVを中核パートナーに持ち、グローバル経営やサステナビリティ・イノベーション、リーダーシップ教育の未来の共同研究において、組織連携を行っています。また、至善館では、日本中華總商会をはじめアジアに広がる華僑ネットワークとの連携も行います。その他、至善館の教育理念に賛同する、韓国、シンガポール、バングラデシュ、ベルギー、スイス、イスラエル、アメリカ、カナダ、ブラジル等の識者やリーダーたちも有志も加わりながら、急速に進行するグローバリゼーションの中での世界の経営・リーダーシップの課題と挑戦を、掘り下げて議論する機会を提供します。

6日本、アジアの
精神土壌を土台とする、
経営とリーダーシップのあり方の追求

アジアには、主客非分離の一元論、徳治による王道主義、自然との共生観など、独自の文化、精神土壌が根付いています。至善館のプログラムでは、米国型B-School教育の持つ西洋の合理的思考を基軸としながらも、東洋思想や、禅・瞑想をカリキュラムに取り入れることで、西洋とアジアの思想の橋渡しを行い、未来に求められる経営やリーダーシップのあり方を追求します。

page top

page top