至善館

Graduate School of
Leadership and Innovation
Shizenkan University

22世紀のビジネススクールを、
ここ日本、そしてアジアから。

科学技術イノベーションとヒューマニティの持続可能性の両立、
そして、西洋の合理性と
東洋の精神土壌の融合を目指し、
大学院大学至善館が2018年8月に
日本橋にて開校します。
インドやヨーロッパをはじめとする
世界の教育機関と連携し、
20世紀を牽引した米国型ビジネススクールの
教育パラダイムを革新。
高い志、卓越した創造力、優れた人格を兼ね備えた
真のリーダーを輩出する
22世紀の全人格リーダーシップ教育のあり方を、
日本から、そしてアジアから世界に提示します。

至善館は、過去16年間にわたり1,300人を超えるビジネスと社会のリーダーを輩出してきた全人格リーダーシップ教育機関アイ・エス・エルが母体となり誕生します。20世紀資本主義の象徴である米国型ビジネススクールが育んできたプロフェッショナル教育を出発点としながらも、科学技術イノベーションの急速な進展と西洋近代の行き詰まりに向き合い、22世紀パラダイムへの大胆な進化を目指します。定量的・論理的・戦略的思考といった物事を分析し検証する力を十分に取り入れながらも、ビジネススクールが不得意とする“未来を構想する力”を、近年世界で台頭するデザインスクールの思考アプローチ、Out-of-Boxの非連続な発想、そして、時代と世界の変化を俯瞰し本質的に洞察するためのリベラルアーツを取り入れることで補い、高次元で融合します。
そして、リーダーシップの根源となる挑戦への意志、人と社会への思いと責任感を、アジアに伝統的に根付いてきた内省アプローチで育みます。

2018年8月20日に開学する至善館ですが、1学年80名(日本人・外国人が半数ずつ)の少数精鋭です。20歳代半ばから30歳代を対象に、2か国語(日本語だけでも英語だけでも卒業可)で授業が行われ、夜間・週末を利用した業務併行型の2年間のプログラムを提供します。
学生は、ビジネス人材のみならず、パブリックや市民セクターからも積極的に受け入れ、クロスセクターでの相互触発と創発的協働を後押しします。独自のプログラムを支えるファカルティ陣は、ビジネススクール、デザインスクール、科学技術イノベーション、リベラルアーツ、東洋思想、内省・コーチングなど、様々なバックグラウンドを持つ専任教員15名・客員教員29名の計44名で構成され、海外からも教員を招聘します。授与する学位は学位はMBA in Design & Leadership for SocietalInnovation(経営修士[専門職])であり、20世紀型ビジネススクールを、22世紀に向けて大胆に進化させるという本学の大望とビジョンを反映しています。

Application Guide募集要項

2018年度の募集は終了いたしました

イノベーション経営学術院 イノベーション経営専攻経営修士[専門職]プログラム

第一期[平成30年度]募集要項

募集要項ダウンロード 募集要項ダウンロード

第一期[平成30年度]出願書類一式
※履修を希望する言語(日本語・英語)で出願書類をダウンロードください。

Application Form(日本語) Application Form(日本語) Application Form(英語) Application Form(英語)

outline概要

至善館概要

名称 大学院大学至善館(Graduate School of Leadership and Innovation, Shizenkan University)
学科・専攻名称/イノベーション経営学術院(Department of Leadership and Innovation)
イノベーション経営専攻(Major in Leadership and Innovation)
学位 経営修士[専門職] (MBA in Design & Leadership for Societal Innovation)
修業年限 2年間
授業時間帯 平日夜間(18時30分~21時45分:7-8限)・土曜日(9時00分~19時45分:1-6限)
※一部、演習や集中講義等は日曜日にも開講します
履修言語 日本語・英語[日本語メイン(一部、英語有り)でも、英語だけでも卒業可]
募集人数 1学年80名
(入学者のイメージ)
◎20歳代後半〜30歳代(社会人経験3年以上)
◎外国人と日本人の混合(50%:50%を想定)
◎多様なセクターからの学生の受け入れ[ビジネス(起業家含む)・社会起業家・行政/公的機関]
開校 2018年(平成30年)8月20日
所在地 東京都中央区日本橋二丁目17番3(地番)

大学院運営体制

※:2017年7月現在の役職になります。 

教員組

学長 モンテ・カセム(立命館 理事補佐、元立命館副総長/立命館アジア太平洋大学学長)
専任教員 枝廣淳子(東京都市大学 教授)
榎本英剛(CTIジャパン 創設者)
大滝精一(東北大学大学院経済学研究科教授、元経済学部長)
佐宗邦威(biotope 代表)
塩川哲也(ゼロックス在日代表)
竹田青嗣(哲学者、早稲田大学 教授)
野田智義(ISL 創設者、元INSEAD経営大学院助教授)
橋爪大三郎(社会学者、東京工業大学 名誉教授)
Patrick Newell(TEDxTokyo共同創設者、シンギュラリティ大学ジャパン創立者)
八橋雄一(ACAシニアアドバイザー、東京工業大学グローバルリーダー教育院 特任教授)
山本美樹夫(A.T.カーニープリンシパル)、他
客員教員 岩嵜博論(博報堂ブランド・イノベーションデザイン局 ディレクター)
鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事)
田口佳史(東洋思想家、イメージプラン 社長)
田村次朗(慶應義塾大学 教授)
冨山和彦(経営共創基盤CEO)
平田オリザ(劇作家・演出家、東京藝術大学 特任教授)
平井正修(臨済宗国泰寺派全生庵 住職)
福原正大(Institution for a Global Society 社長)
藤原和博(奈良市立一条高校 校長、元リクルートフェロー)
松田恵美子(身体感覚教育研究者)
三谷宏幸(元ノバルティスファーマ 代表取締役)
山梨広一(イオン執行役、元マッキンゼー パートナー)、他

学校法人運営体制

※:2017年7月現在の役職になります。 

理事

理事長 野田智義(ISL 創設者)
理事 モンテ・カセム(立命館 理事補佐、元立命館副総長/立命館アジア太平洋大学学長)
大滝精一(東北大学大学院経済学研究科教授、元経済学部長)
呉 文繡(国際航業 会長、日本アジアグループ 取締役)
小城武彦(日本人材機構 社長)
塩川哲也(ゼロックス在日代表)
堀内 勉(多摩大学 社会的投資研究所 教授・副所長、UWC ISAK Japan監事)
水谷智之(リクルートキャリア 前社長)
安渕聖司(ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役社長)、他
監事 西本甲介(インターワークス 代表取締役会長兼社長兼CEO、前メイテック 会長)
松田修一(早稲田大学 名誉教授、日本ニュービジネス協議会連合会 副会長)

評議員

議長 長谷川閑史(武田薬品工業 相談役、ISL会長兼理事長)
評議員 北城恪太郎(日本IBM名誉相談役、ICU理事長)
永山 治(中外製薬 会長兼CEO)
柏木 斉(リクルートホールディングス 前社長)
渋澤 健(コモンズ投信 会長)
上山信一(慶應義塾大学総合政策学部 教授)
平野正雄(早稲田大学ビジネススクール 教授)
張 麗玲(CCTV大富 社長)
Jesper Koll(Wisdom Tree Japan CEO)
清水基昭(清水建設 取締役)
山本泰人(山本海苔店 副社長)、他

グローバルボード

Anil Sachdev(School of Inspired Leadership, Founder & CEO)[インド]
Choelsoon Park(Graduate School of Business, Seoul National University, Dean)[韓国]
Philippe Haspeslagh(Vleric Business School, Honorary Dean)[ベルギー]
Henry Mintzberg(Desautels Faculty of Management, McGill University, John Cleghorn Professor)[カナダ]
Clayton M. Christensen(Harvard Business School, Kim B. Clark Professor)[アメリカ] 、他

campusキャンパスについて

大学院大学至善館は、地下鉄日本橋駅の真上、JR東京駅から徒歩5分の立地にする髙島屋日本橋店北側の再開発ビル(2018年6月末日竣工)の17階に入居します。
日本橋には、数百年の歴史を誇る数多くの長寿企業が存在し、都心にありながらも、地域コミュニティが息づいています。
至善館では、地域コミュニティと深く連携し、新しい時代に求められる「グローカル」な教育機関の在り方を実践してゆきます。修士プログラムにおける幾つかのコースワークやワークショップを地域コミュニティと協働で運営するほか、修士プログラムとは別に、ニッポン塾、リーダー塾、イノベーション・フォーラムなど、地域コミュニティに開かれた短期の教育啓発プログラムも定期開催してゆきます。

information disclosure情報公開

contactお問い合わせ

大学院大学至善館
(学校法人至善館)

所在地 東京都中央区日本橋二丁目5番1号
日本橋髙島屋三井ビルディング17階
連絡先 Tel 03-6281-9011 
E-mail info@shizenkan.ac.jp
担当 相木麻子 ・ 栗島正和 ・ 七條晶子