Message from the Chair

22世紀の
ビジネススリーダー教育を、
ここ日本、そしてアジアから体現する存在へ

大学院大学至善館 理事長 野田智義

右肩上がりの経済を前提とした大量生産・大量消費モデル。その生産・消費モデルを支えるピラミッド型の組織構造。そしてそのピラミッド型組織を担う、専門知識とアメとムチの管理手法を身につけた機能別スペシャリストや中間管理職たち。こうした20世紀型ビジネススクールが前提とする、ビジネス、経済、社会のあり方が、21世紀に入り、根底から揺らいでいます。

国連SDGsや一般化するESG投資に代表されるように、右肩上がりの経済成長に対する持続可能性への懸念は広く社会で共有されるようになりました。経済社会の成熟に伴う生活者ニーズ・ウォンツの多様化・個別化と、分散型生産技術の進展は、大量生産・大量消費モデルに代わり、ファブ(FAB)社会に象徴されるカスタム少量生産・少量消費モデルの到来をもたらしています。ソーシャルネットワークやシェアリングエコノミーの急速な進展は、企業組織においても、たての関係と組織の枠組みに沿って仕事を管理するピラミッド組織から、部門や組織の壁を超えた個人同士のヨコの繋がりに力点を置くネットワーク型の組織への変容が起きています。こうした変容の中、組織の中核人材に求められるのも、アメとムチで組織を動かす管理能力ではなく、ポジションや肩書に頼ることなく、共感と信頼をベースに人やチームを動かすリーダーシップ能力へとシフトしています。

さらには、AI、ロボティクス、IoT、ブロックチェーン、ライフサイエンスといった科学技術と、こうした技術革新がもたらすイノベーションが私たちの生活世界を急激に塗り替える中、価値創造の源泉が、知識や資源、市場を独占することや、規模の拡大による経済性を追求することから、新たな知識を生み出す「創造性」と、自らリスクを取り新しい現実を創りだしていく「起業家精神」へとシフトしています。

このように、従来のビジネススクールのMBA教育パラダイムが、21世紀に入っての経済社会の変容の中で陳腐化し、有効性を失う中、至善館は、この問題意識をさらに発展させ、ビジネスリーダー教育の22世紀に向けてのあるべき姿を世界に提示すべく挑戦して参ります。

Message from the President

西洋とアジアの
知の融合によって
新たなリーダーシップ教育地平線を切り開く

大学院大学至善館 学長 モンテ・カセム

西洋近代に端を発した、主権国家、民主主義、資本主義という私たちの経済社会システムが、グローバリゼーションの中での格差の拡大や共同体の崩壊で、軋みをたてています。同時に、21世紀に入っての急速なアジアの台頭、とりわけ世界の二大人口大国である中国とインドの経済発展は、市民革命・産業革命以来の数世紀に亘って続いてきた西洋優位の世界が、かつてのアジア中心の世界へと振り子が戻っていく、大きな歴史の転換点を示しています。

更に、科学技術イノベーションの進展が、今まで体験したことのない果実をもたらすと同時に、人間すらも代替可能な部品としてシステムの一部へと変容させてしまう不安と懸念をもたらしています。

これからの世界において必要となる人材は、高い志、倫理観、パブリックマインドを持ち、一個人・一事業・一企業の利益に対する責任を負うだけでなく、社会全体に対して、そして未来の世代に対しても責任を負う社会のリーダーでなくてはなりません。そしてその答えは、我々アジア人の中で伝統的に培われてきた徳治による王道主義、自然との共生観といった思想や精神にあると考えます。

至善館は、アジアに拠を置く大学院として、アメリカなる価値観を暗黙下に前提としてきた世界のビジネス教育から脱却し、西洋の合理性とアジアの精神土壌を橋渡しし、22世紀に求められる次なるリーダーシップの在り方を探求して参ります。

至善館で学んだ人たちが、それぞれの現場で、より良い社会を実現せんと挑戦を続けることによって、次代に誇りうる未来の実現に寄与する。これこそが、至善館の大望であり、ミッションです。

page top

page top